ご紹介

宮城産業保健総合支援センターのご紹介

 平成26年4月より、従来の3つの産業保健事業(産業保健推進センター事業、メンタルヘルス対策支援事業及び地域産業保健事業)を一元化し、「産業保健活動総合支援事業」として事業場の産業保健活動を総合的に支援しています。
 独立行政法人労働者健康安全機構が事業の実施主体となり、地域の医師会等の関係者の皆様にご協力をいただきながら事業を行っています。
 宮城産業保健総合支援センターでは、事業者や産業保健スタッフ等を対象に、産業保健関係者からの専門的な相談対応、産業保健スタッフへの研修、メンタルヘルス対策の普及促進のための個別訪問支援、管理監督者・若年労働者向けメンタルヘルス教育、治療と職業生活の両立支援、産業保健に関する情報提供等を行っています。
 県内の7地域に設置する地域産業保健センターでは、常時50人未満の労働者を使用する事業者等を対象に、労働者の健康管理(メンタルヘルスを含む)に係る相談、健康診断の結果についての医師からの意見聴取、長時間労働者及び高ストレス者に対する面接指導、個別訪問指導等を実施しています。
 事業の詳細については、当宮城産業保健総合支援センターへお問い合わせください。

ご利用は原則として無料です。

産業保健総合支援センターの提供するサービス

  • 相談
  • 研修
  • 情報の提供
  • 事業主セミナー
  • 地域産業保健センター(地域窓口)の運営
  • 調査研究

産業保健総合支援センターの活動

産業保健総合支援センターの活動[図]