産業保健研修

ご案内

対象衛生管理者、衛生推進者、安全衛生推進者、保健師・看護師、人事労務担当者等 (資格は問いません)
定員30名(変更がある場合があります)
場所SS30共用会議室
受講料無料
 

申し込みについて

インターネットでお申込み

オンライン申込から、必要事項を入力し、送信してください。

オンライン申込

FAX・郵送でお申込み

申込書(Excel)または申込書(PDF)から、必要事項を記入の上、送付してください。

申込書 [Excel] 申込書 [PDF]

  • 開催日の前月1日9:30から(1日が土・日・祝日の場合は直後の平日)先着順で受付致します。
  • 会場、開始時間、受付開始日等は研修により異なりますのでご注意ください。
  • 会場の都合上、お申込みは原則として1事業場につき3名様までとさせていただきます。
  • 営利を目的とした情報収集はご遠慮願います。
  • 申込みを受付けた場合、センターから通知を致します。
    (受講可能な場合は受講通知、キャンセル待ちで受付けた場合はその旨の通知となります)
    申込み後いずれの通知もない場合は、手違いも考えられますのでお手数ですがセンターまでご連絡をください。
 

予定表

予定表:産業保健研修
番号開催日テーマ・概要講師受付開始日
232平成30年
1月12日(金)
15:00~17:00
SS30 15階会議室
平成30年度安全衛生年間計画の作成方法
新年度に向けて、事業場の年間安全衛生計画を作成し、計画に沿って1年間の安全衛生活動を進めることは、安全衛生を確保するため、とても重要なことです。実態に応じた計画を、どのように作成するかを解説します。
元宮城労働局健康安全課長
菊地 清
受付終了
233平成30年
1月22日(月)
15:00~17:00
SS30 15階会議室
ストレスへの立ち向かい方、つきあい方
~健康心理学の立場から~

ストレスチェック制度が始まり、個々人のストレスの状態が示されるようになりました。では、どのような人がストレスが高くなるのでしょうか? そしてストレスに対してどのような立ち向かい方が有効なのでしょうか? 健康心理学という心理学の分野に基づいて解説します。 
産業保健相談員
中村 修
キャンセル待ち
234平成30年
1月25日(木)
15:00~17:00
SS30 8階会議室
特殊健康診断と診断結果の活かし方
(130研修と同時開催)
有機溶剤健康診断等特殊健康診断結果の解釈と結果に基づき事業者が講ずべき措置について解説します。
産業保健相談員
色川 俊也
受付中
235平成30年
1月30日(火)
15:00~17:00
SS30 15階会議室
メンタルヘルス不調者の職場復帰の進め方
メンタルヘルス不調のある休職者が職場復帰する際の留意点、問題点、また、職場復帰後に就労を継続していくために必要とされる各部署・主治医との連携等の様々な方策について、企業内産業保健職のとるべき対応方法を事例を交えて検討を行います。
産業保健相談員
鈴木 淳平
受付中
236平成30年
2月15日(木)
14:30~17:00
SS30 15階会議室
メンタルヘルスに係る事例研究
~よりよい相談相手となるために~

心の不調で休職にいたったり、復職をすることになられた方など、職場で問題とされがちな事例を通し、互いの見解を話し合いながら自分の立場としてできる事、できない事などを学んでいきましょう。
受講生は、事例の提出をお願いします。事例のない場合は、講師が事例を準備します。
産業保健相談員
千葉  健
佐藤 祥子
受付中
237平成30年
2月22日(木)
15:00~17:00
SS30 15階会議室
考えてみよう、今求められている職場像とは?
現代は、考え方、価値観が多様化し、職場より個人生活を優先する人が増え、チームワーク・コミュニケーションが大切といわれながらも、職場では人間関係が希薄になりつつあります。もう一度「職場とは何か」ということについて一緒に考えてみませんか。
産業保健相談員
佐藤 祥子
受付中
238平成30年
2月27日(火)
14:00~16:30
SS30 8階会議室
がんなどの疾病に罹患した労働者の治療と職業生活の両立支援の進め方
「事業場における治療と職業生活の両立支援のガイドライン」をもとに、がんなどの疾病に罹患した労働者に対して、事業場としての両立支援の進め方を解説し、両立支援・職復支援プランの作成演習も行う実践的研修です。
産業保健相談員
富樫 敦子
受付中

※一部の研修では、メンタルヘルス指針や職場復帰支援についての説明時間を設けます。