産業医・産業保健研修会「産業保健と法」

ご案内

対象研修医研修  産業医
産業保健研修 産業医以外の医師、衛生管理者、(安全)衛生推進者、保健師、看護師、人事労務担当者等
※本研修は、第1回〜第5回まですべての受講が可能な方を対象としています。
※産業保健研修として受講した場合は、単位・証明シールは発行されません。
定員産業医研修  30名
産業保健研修 30名
場所SS30共用会議室
受講料無料
 

申し込みについて

インターネットでお申込み

オンライン申込から、必要事項を入力し、送信してください。
※産業医の方は「産業医研修(日本医師会認定)」からお申し込みください。

オンライン申込

FAX・郵送でお申込み

申込書(Excel)または申込書(PDF)から、必要事項を記入の上、送付してください。

申込書 [Excel] 申込書 [PDF]

  • 令和2年4月1日(水)から先着順にて受付。
  • 会場の都合上、お申込みは原則として1事業所につき3名様までとさせていただきます。
  • 営利を目的とした情報収集はご遠慮願います。
  • 申込みを受付けた場合、センターから通知を致します。
    (受講可能な場合は受講通知、キャンセル待ちで受付けた場合はその旨の通知となります)
  • 申込み後いずれの通知もない場合は、手違いも考えられますのでお手数ですがセンターまでご連絡をください。
  • 「受付状況」が「キャンセル待ち」と表示されている研修につきましては、お手数ですが、FAXまたは郵送でお申し込みください。(受付後、キャンセル待ちで受け付けた旨の通知をいたします。)
 

予定表

予定表:産業保健と法
番号開催日テーマ・概要講師日医産業医 研修単位 (申請中)受付開始日
第1回(501)
令和2年
10月23日(金)
14:30〜17:00
SS30 8階会議室
*開催日が変更になりました

典型的な問題事例と解説
〜パーソナリティの問題が窺われる労働者に関わる事例を素材として〜
産業医が、パーソナリティの問題がうかがわれる休職者の復職を不可としたことで退職となった労働者が会社と産業医を相手方として訴訟を提起したという、実際の事例をモデルとした想定事例を素材として、関連する法知識について学んで頂きます。
近畿大学
教授
三柴丈典
生涯更新
2.5単位
受付終了
第2回(502)
令和2年
12月18日(金)
14:30〜17:00
SS30 8階会議室
*開催日が変更になりました
産業医に関する裁判例
産業医が訴えられた例、産業医が深く関与した例のうち主要なものを取り上げ、事案と裁判所の判断、得られる実務上の示唆を学びます。
明治大学
講師
原俊之
生涯更新
2.5単位
受付終了
第3回(503)
令和3年
1月29日(金)
14:30〜17:00
SS30 8階会議室
*開催日が変更になりました
ハラスメントと法
ハラスメント、特にパワーハラスメント(モラルハラスメント)に関する法律論について、主要な裁判例を素材として、また、演者が触れてきた数多くの実例を念頭に、実務上の留意点を説きます。
近畿大学
教授
三柴丈典
生涯更新
2.5単位
受付終了
第4回(504)
令和3年
2月19日(金)
14:30〜17:00
SS30 8階会議室
*開始日が変更になりました
典型的な問題事例と解説
〜高次脳機能障害と発達障害の事例を素材として〜
高次脳機能障害と発達障害の事例を素材として、法的に求められる合理的配慮の内容、労災保険給付の申請への事業者の協力の要否、従業員の疾病り患情報の産業医への通知の必要性の有無等について論じます。
メンタルヘルス
法務主任者
弁護士
西園寺直之
生涯更新
2.5単位
受付終了
第5回(505)
令和3年
3月26日(金)
14:30〜17:00
SS30 8階会議室
*開催日が変更になりました
健康情報の取扱い、休復職と法
産業医が訴訟に巻き込まれると問責されることが多い健康情報の取扱いについて、関係法令や行政が示してきた考え方の要点を示したうえで、Q&A形式で、実務上の課題への回答例を解説します。
また、メンタルヘルス不調その他の難治性疾患のり患者の休職と復職に関わる法的留意点につき、関係判例等に照らして解説します。
近畿大学
教授
三柴丈典
生涯更新
2.5単位
受付終了